TOPページ企業情報ビジョン知的財産権とは

知的財産権とは

「知的財産権(Intellectual Property Rights)」とは、人間の知的創造活動について、その創作者に権利保護を与えるものであり、(1)技術的創作物についての権利、(2)営業標識についての権利、(3)文学的・美術的創作物についての権利の三つに大別されます。これを図示したものが下図です。

これらの権利のうち、「特許(Patent)」「実用新案(Utility Model)」「意匠(Design)」「商標(Trademark)」を総称して「産業財産権(Industrial Property)」と呼びます。産業財産権制度の目的は、第一に、新しい技術やデザイン、自社の商品やサービスを示す商標などについて独占権を与え、模倣防止のために保護し、研究開発へのインセンティブを付与したり、取引上の信用を維持することにあります。第二の目的は、新しい技術などの内容を広く一般に公開することで、研究の重複を未然に防いだり、新しい研究のヒントを与えたり、すでにある技術をさらに発展させるための情報を発信することにあります。産業財産権制度は、この二つの目的、つまり、「独占」と「公開」(または「個人」と「社会全体」)のバランスの上に成り立っていると言えます。

知的財産権の範囲と保護体系