TOPページ知財情報【特許・意匠ニュース】 欧州特許を基にカンボジアへの権利化が認められるようになります

【特許・意匠ニュース】
欧州特許を基にカンボジアへの権利化が認められるようになります

2017/02/21 特許/実案 欧州 アジア

 2017年1月23日、カンボジアが欧州特許の認証国(validation state)となる協定に署名しました。同協定への署名は、モロッコ、モルドバ、チュニジアに続き4カ国目で、アジアでは初となります。発効は2017年7月1日を予定しています。
https://www.epo.org/news-issues/news/2017/20170123.html

 予定通り発効すれば、2017年7月1日以降に出願される欧州特許出願や欧州(EP)を指定国に含む国際出願について、欧州特許のカンボジアへの有効化手続きができるようになります。なお、モロッコは2015年3月1日、モルドバは2015年11月1日に発効しています。チュニジアは2014年に協定に署名していますが、まだ発効していません。
https://www.epo.org/about-us/organisation/validation-states.html


(記事担当:特許部 平林、田中)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ