TOPページ知財情報【書籍及び関連資料のご案内】

【書籍及び関連資料のご案内】

2017/09/15 サービス

1. PCT出願人の手引き(日本語版)
~PCT Applicant's Guide~

http://www.ngb.co.jp/cgi-bin/book/bookSearchAction.cgi?action=more&bookid=196
本書はWIPO監修のPCT(特許協力条約)出願手続について権威ある指導書です。本手引はWIPOが発行したPCT Applicant's Guide和訳版となっております。
本書は全6巻の構成となっており、年1~2回発行される追録形式によりアップデイト可能。
この度、最新追録が発行されさらに内容が更新されております。

2.欧州特許の取り方(日本語版)
http://www.ngb.co.jp/cgi-bin/book/bookSearchAction.cgi?action=more&bookid=264
本書の目的は、会社、発明者および代理人に欧州特許付与手続きの概略を実務上のヒントを含め説明し、欧州特許への道を円滑にしようとするものです。欧州特許条約、同施行規則および料金に関する規則の関連条文、本書に引用した「欧州特許庁審査便覧」および欧州特許庁公報(Official Journal of EPO)の諸説が注として収載されています。本書は、AIPPI JAPANが欧州特許庁より許諾を受けて翻訳・発行したものです。欧州特許出願に必備の資料としてお薦めします。

3.欧州特許庁審査便覧 [日本語版]
~Guidelines for Examination in the European Patent Office~

http://www.ngb.co.jp/cgi-bin/book/bookSearchAction.cgi?action=more&bookid=48
EPO出願の審査基準を日本語化。
方式審査、調査、実体審査、異議手続、一般手続事項に関して詳細に解説している欧州特許出願のための必備書です!

4.Laboratory Notebook
http://www.ngb.co.jp/service/list/laboratory_notebook/index.html
研究ノートや実験ノートとして知られるLaboratory Notebookは、元々は米国での先発明立証を目的として注目されてきました。ところが昨今、職務発明における利用、企業資産としての価値、機関帰属問題における採用、営業秘密保護等といった別の角度からLaboratory Notebookが注目されてきております。知財立国を目指す政府主催の知的財産戦略会議でも、その推進計画に盛り込まれております。
弊社ではスタンダード版(200頁版と100頁版)をはじめ、ハードカバー版・カスタマイズ版とバリエーション豊富にご提供させていただいております。ぜひこの機会にLaboratory Notebookの導入をご検討ください。

※本メール受信者特典※ 
ノート導入をご検討のお客様にサンプルノート(100頁版)を一冊ご提供させていただきます。ウェブサイト上の「お問合せ」メールアドレスより、ご連絡先およびサンプルの送付先を明記の上ご要請下さい。 
また、現在ご利用中のお客様には下記の期間中ご注文いただきますと、ご注文いただいた同じタイプのノートを1ユニットにつき1冊ご提供させていただきます。(ご注文時には「メルマガを見た」旨必ずご記入ください。)
※本特典有効期間は10月15日迄となりますので予めご了承ください※

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ