TOPページ知財情報【書籍及び関連資料のご案内】

【書籍及び関連資料のご案内】

2017/12/18 サービス

1. Patent Trademark and Copyright Laws
  ~米国知的財産権関連法法令集~

http://www.ngb.co.jp/cgi-bin/book/bookSearchAction.cgi?action=more&bookid=170
米国知的財産権法令集の定番タイトルの最新2017年版が発行されました。米国出願業務に携わる実務者には必須の資料です。また附属のCD-ROMには本編の全テキスト文章(Microsoft社のWord文書)が収録されており、簡易検索やカット&ペーストも可能となっています。最新版はただ今予約受付中です。

2. Code of Federal Regulations Title 37 (37CFR)
~米国知的財産権施行規則~

http://www.ngb.co.jp/cgi-bin/book/bookSearchAction.cgi?action=more&bookid=168
米国知的財産関連法の施行規則として、実務者には欠かせない37CFRの最新版が発刊されました。内容のボリュームにもかかわらず、コンパクトにまとまっており、机上で参照するのにちょうどいいサイズとなっております。最新版はただ今予約受付中です。

3.Faber on Mechanics of Patent Claim Drafting
~米国特許クレームの作成解説~

http://www.ngb.co.jp/cgi-bin/book/bookSearchAction.cgi?action=more&bookid=79
米国特許出願書類作成のための基本書として知られ、その定義・解釈は判例や判決文中にも度々引用されています。米国特許出願においてクレームドラフティングは必須の作業ですが、クレームの定め方、書き方によってその後の特許戦略に大きく影響が発生します。本書はいかに有効なクレームを作成するかをケース毎にわかりやすく解説した参考書です。
最新追録が発行され、内容がアップデイトされております。

4.Laboratory Notebook
http://www.ngb.co.jp/service/list/laboratory_notebook/index.html
研究ノートや実験ノートとして知られるLaboratory Notebookは、元々は米国での先発明立証を目的として注目されてきました。ところが昨今、職務発明における利用、企業資産としての価値、機関帰属問題における採用、営業秘密保護等といった別の角度からLaboratory Notebookが注目されてきております。知財立国を目指す政府主催の知的財産戦略会議でも、その推進計画に盛り込まれております。
弊社ではスタンダード版(200頁版と100頁版)をはじめ、ハードカバー版・カスタマイズ版とバリエーション豊富にご提供させていただいております。ぜひこの機会にLaboratory Notebookの導入をご検討ください。

※本メール受信者特典※ 
ノート導入をご検討のお客様にサンプルノート(100頁版)を一冊ご提供させていただきます。ウェブサイト上の「お問合せ」メールアドレスより、ご連絡先およびサンプルの送付先を明記の上ご要請下さい。 
また、現在ご利用中のお客様には下記の期間中ご注文いただきますと、ご注文いただいた同じタイプのノートを1ユニットにつき1冊ご提供させていただきます。(ご注文時には「メルマガを見た」旨必ずご記入ください。)
※本特典有効期間は1月15日迄となりますので予めご了承ください※

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ