TOPページ知財情報【特許・意匠ニュース】 ブラジル、予備審査の試験プログラムを導入

【特許・意匠ニュース】
ブラジル、予備審査の試験プログラムを導入

2018/02/21 特許/実案 中南米

ブラジル特許庁は、2018年1月23日より新たな試験プログラムとなる「予備審査通知(Pre-Examination Written Opinion)」プログラムを開始することを発表しました。

本プログラムが適用された出願では、出願人に60日以内の応答を求める旨の通知がなされます。この通知では、対応国の出願審査で挙げられた引用文献が引用され、補正書や意見書の提出が可能になります(*)。応答期間内に応答しない場合には出願を放棄したことになります。

* ブラジル出願では、通常、出願に対する自発的な補正は審査請求時まで可能です。

本プログラムの適用対象として、1技術分野あたり40出願がブラジル特許庁により選出される予定です(特許庁は20の技術分野で構成されており、合計800出願が対象となる見込みです)。

(記事担当:特許第1部 杉田)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ