TOPページ知財情報【コラム】ワニのLACOSTEが世界に問う、1775枚の限定ロゴ・ポロシャツとは?

【コラム】ワニのLACOSTEが世界に問う、1775枚の限定ロゴ・ポロシャツとは?

2018/03/15 ブランディング コラム

パリ・ファッションウィークが開催された本年3月1日、ワニのロゴで有名なフランスのラコステが、絶滅危惧種の動物10種類のロゴを付したポロシャツをネット販売しました。1775枚の限定モデルです。何故1775枚かという理由が、とてもクールです。10種類の絶滅危惧種の動物の現存する総数が1775匹なんです。例えば、最も生存数が少ないコガシラネズミイルカは、30頭しか現存していないため、コガシラネズミイルカのロゴを付したポロシャツは現存数と同数の30枚のみしか販売されませんでした。最も現存数が多いアネガダツチイグアナでも、450枚です。1775枚全て発売当日に完売し、その売上は、国際自然保護連合(IUCN)に寄付されたようです。この限定モデルに使用された10種類のロゴと動物たちについては、ラコステのサイトをご参照下さい。ちなみに簡易検索を行ってみたところ、これらロゴに関する商標出願は検出出来ませんでした。


[LACOSTEオフィシャルサイトより]

10種のうち、筆者が絶滅危惧種として知っていた動物は、ジャワサイ(Javan rhino)とスマトラトラ(Sumatran tiger)の2種のみでした。読者の皆さまは、何種類ご存知でしたか?

(商標部 研壁)
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ