TOPページサービスのご紹介サービス一覧から探す紛争処理支援

紛争処理支援

紛争処理支援サポートサービスの概念図

外国特許:侵害・有効性鑑定仲介

自社の権利に対する侵害あるいは侵害のおそれがある他者製品を見つけた場合、その反対に自社の開発技術が他者権利を侵害するようなおそれのある場合には、当該特許と製品や開発品に関する現地特許弁護士による鑑定を入手することをお勧めします。競合他社への立案や権利行使、自社製品の設計変更などの社内対策で無用な紛争や訴訟を回避する有効な手立てとなります。
こうした鑑定業務では、特許のクレーム解釈が各国特有なものもあり現地弁護士による作業が不可欠です。特に、アメリカ特許の権利解釈には均等論や判例の影響を大きく受ける為に権威ある鑑定書を入手することが必要です。このような重要特許や製品に対する現地弁護士による侵害鑑定や有効性の鑑定においては、ワールドワイドな外国特許弁護士事務所のネットワークから、お客様に最適な弁護士を紹介すると共に、NGB技術スタッフが技術検討における資料の整理、翻訳などから鑑定書の入手まで経験を生かしてサポートします。

外国特許:訴訟・紛争処理支援

日本企業が日々しのぎを削っている技術競争においては国際的な特許紛争・係争が増加しています。最近、訴訟社会といわれるアメリカでは日本企業を巻き込んだ特許係争が頻発しており、一方、アジア各国では多種多様な模倣品による被害を日本企業が被っているのが現状です。しかしながら日本企業の多くは不慣れな諸外国の訴訟や取締りに関する制度・規則などに振り回されることが多く、その費用も膨大な額となっているのはご承知のとおりです。一方で何れの案件にもパターン化されて容易に適用可能な処方箋のようなものは存在しません。
日本技術貿易は諸外国での有能な弁護士・弁理士事務所との密接な連携のもとに訴訟・和解交渉などの係争時代の対処をサポートします。特に、アメリカの特許訴訟が開始されたような場合には、最も有効な訴訟戦術を企画、立案できる弁護士や法律事務所との連携によるサポート、裁判でのディスカバリー(証拠開示手続き)での証拠資料の提出要求対策やデポジション(証言録取)での通訳や証人の通訳チェックなど経験豊富なスタッフのサポートをご活用ください。

外国意匠:鑑定仲介

競合会社や模倣品会社が製造販売する製品が貴社の意匠権に抵触するかどうかの鑑定は権利行使の上では、安全性及び正当性を確認するための重要なステップとなります。意匠権の権利範囲の認定においては、特許と異なり、他の登録例との比較を伴うことが一般的であり、類似意匠調査と同時にイ号製品による侵害鑑定もしくは当該意匠権の有効性を議論することになります。
こうした意匠鑑定では経験豊富なエキスパート弁護士を選定することが重要事項です。NGBは長い経験と幅広い代理人ネットワークからこうした事案に最適の代理人をご紹介し、鑑定仲介をいたします。

外国商標:訴訟・紛争処理支援

消費者の購入動機を大きく左右する商標は、今や「ブランド」という言葉で認識され、その使用・模倣を巡っての異議・訴訟・紛争は、世界中で後を絶ちません。強いブランドを作るには、時として類似商標使用者へのアグレッシブな姿勢も必要です。一方、図らずも、商標紛争に巻き込まれることも珍しくなくなった昨今、不意の被異議、警告、起訴に慌てているようでは、強いブランドは作れません。商標紛争の攻守に長けた企業のみが、強いブランドを手にするといっても過言ではないでしょう。とはいえ、異議・訴訟の進め方は、言うまでもなく、国により大きく異なります。更に、相手方企業のお国柄等までも考慮した駆け引き、総合的な戦略立案が必要となります。NGBでは、長年構築したノウハウを駆使し、また、幅広い代理人ネットワークから、事件・紛争に強い代理人を選定し、お客様の強いブランド作りを支援いたします。

なおライセンス交渉支援および模倣品対策支援につきましては、知的財産コンサルティングをご参照ください。

※本サービスに関する詳細はお問合せフォームよりお問合せください。