TOPページサービスのご紹介サービス一覧から探すNGB FORECAST

NGB FORECAST〜IPコスト予測ツール〜

NGB FORECASTとは

IPコストの予測をよりスマートにする最新ツールです。

知的財産の出願・中間・維持にかかるコストは、複雑で且つ絶えず変化しており、その費用予測は煩雑で時間を要する作業となっています。また、その精度を高めるのは極めて困難な作業と言えます。NGB FORECASTは最新の知財関連費用データを提供し、知財予算編成作業を合理化することができる安全性を考慮したオンライン・ツールです。さらに、NGB FORECASTは出願計画などのシナリオを仮定し、そのシナリオに基づくIPコスト予測を行います。

NGB FORECASTには「DASHBOARD」が用意されています。このDASHBOARDはNGB FORECASTのランディングページであり、ログインする度に表示されます。登録されたデータを基に最新のIPポートフォリオのコストを確認することが可能です。

NGB FORECAST は世界各国の権利化、権利維持に関する費用情報および各国の制度情報も有しています。これらの情報は各国特許庁をはじめ海外の1,100を超える提携事務所から情報を収集しています。また、権利化に至るまでの平均アクション回数や平均係属期間等の情報も収集しています。

収集した情報を精査し、NGB FORECASTに収録しています。デフォルト設定を利用する場合、これらの平均値によりIPコストの予測を行います。利用事務所毎に個別の設定をすることも可能です。海外費用の予測値に用いる為替データについても、毎週アップデートしています。

IPコストは前述の通り、出願済みポートフォリオをベースに予測することも、新たな出願計画などのシナリオを仮定し、そのシナリオに基づくファミリー単位での概算費用予測を行うことも可能です。この新規案件の費用予測の手順はシンプルで、以下に示すSTEPで数分のうちに完了します。

  • Step 1:優先権情報を入力します。予測する案件に名前を付けて、第1国出願の国、日付、出願タイプを選択します。
  • Step 2:出願予定国を設定します。予め設定可能な「existing filing tier」を選択するか、 任意の出願国を手動で選択します。
  • Step 3:予測結果が表示されます。出願ルートごとの予測費用が表示され、会計年度別の予測費用が4半期ごとに表示されます。