TOPページサービスのご紹介サービス一覧から探すINNOGRAPHY

INNOGRAPHY

“Innography”とは・・・

迅速かつ容易に知財戦略策定に資するIP Intelligenceにアプローチし、情報分析を可能にするツール。それが “Innography” です。

Innography に収録されている豊富なデータ

公報データ

104ヶ国(地域)、1億400万件を超える特許データを収録しています。
そのうち、6,000万件が英語のフルテキスト翻訳データ(世界の特許の半数以上)です。

米国特許係争データ

様々なソースから広範な訴訟データを提供しています。 具体的には、国際貿易委員会(ITC)、特許審判庁(PTAB)、裁判所電子記録(PACER)へのアクセス(米国連邦訴訟「830 特許」のみ)の情報を収録しています。

米国商標データ

1884年以降のすべての米国商標を収録しており、現在約750万件の米国商標が収録されています。

非特許文献

約220万件以上の非特許文献が収録されています。その情報は四半期ごとに更新され、セマンティック検索のために事前処理されています。

企業/株価/収益情報

Company検索の結果には企業/株価/収益情報などが含まれます。特許のみだけではなく売上・時価総額・従業員数などの情報も併せて取得することが可能です。

知財費用情報

知財費用予測ツール FORECAST のデータを用いて、過去10年の「出願費用」、「中間処理費用」、「登録費用」、「更新費用」を試算し提供します。検索後の一覧/出力データにおいては「IP Cost」として費用情報を提供します。Innographyだから提供可能な機能です。

Fast & Easy を実現するための Innography Technology

検索後のフィルタリング機能

短時間で完璧な検索条件式を作成するのは容易ではありません。検索後、目的に最適な情報を取得するための試行を繰り返すことが可能です。

Patent Strength 機能

Innography 独自の算定基準を用いて導き出されるスコアを用いて、確認すべき案件の優先順位の目安を付けることも可能です。なお、算定基準はアカウントごとにカスタマイズすることが可能です。

米国データへの強み

米国を中心に700社弱のユーザーを有する Innography は米国のデータが充実しています。商標データ、訴訟データ、 Terminal Disclaimer情報を含む法的データなど従来の特許検索ツールには収録されていなかったデータも収録されています。

Citation & Family 情報

豊富な表示スタイル、リンク機能など一覧性に優れています。

多彩な表示機能とインタラクティブな分析機能

検索結果の表示形式は豊富です。また、フィルタリング機能と併用し、インタラクティブな状態でグラフィカルデータを作成、出力することが可能です。再検索の必要もなく、継続して作業を行うことが可能です。

企業情報Overviewには3つのタブがあり、「Summary」は企業概要、「Stock」は株価、「Revenue History」は収益に関する情報が表示されます。

「Portfolio」タブではInnographyの特徴機能の一つである「知財費用予測データ」を確認することができます。知財費用予測ツール FORECAST の機能を用いて、過去10年の「出願費用」、「中間処理費用」、「登録費用」、「更新費用」を試算し提供します。
検索後の一覧出力データにおいては「IP Cost」として費用情報を提供します。