TOPページ知財情報【商標NEWS】  ドイツ、権利期間の変更を含む法改正

【商標NEWS】
 ドイツ、権利期間の変更を含む法改正

2019/01/15 商標 欧州

ドイツ 権利期間の変更を含む法改正

2019年1月14日付にて、Trademark Law Modernization Act が施行されました。異議手続きの見直し(クーリングオフ期間の導入)や、第三者による監視通報制度の導入等、EUTM制度に倣った変更が見受けられます。これら変更については、実際の運用を見守る必要がありますが、更新管理上重要な点として、権利期間算出方法の変更が挙げられます。

これまでは、出願日から10年目の月末までが登録期間であったところ、2019年1月14日以降に登録となる商標出願は、その登録期間が、出願日より、ちょうど10年に変更されました。例えば、2019年3月1日が出願日の場合、旧法では、2029年3月31日までの登録と考えられていましたが、新法では、2029年3月1日までとなります。新法では、旧法で認められていた、「月末までの更新」が認められなくなりますので、ご注意ください。尚、2019年1月14日より前に登録となった出願については、改正前の通り、10年目の月末まで権利が維持されます。

(商標部 関口)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ