TOPページ知財情報【特許・意匠ニュース】  韓国、懲罰的損害賠償制度導入へ

【特許・意匠ニュース】
 韓国、懲罰的損害賠償制度導入へ

2019/01/18 特許/実案 韓国 法改正

 韓国において、懲罰的損害賠償請求制度の導入等を内容とする特許法並びに不正競争防止法及び営業秘密保護に関する法律の一改正案が、2018年12月7日に国会本会議を通過しました。本改正案は2019年6月頃に施行される予定です。本稿では、特に特許に関連する事項についてご紹介します。

○懲罰的損害賠償制度の導入
 特許権又は専用実施権の侵害行為が故意であると認められた場合、侵害者は損害額の最大3倍まで賠償する責任を負うことになります。

○賠償額に対する判断基準の変更
 特許出願された発明や特許権等の侵害者に請求可能な実施料相当の賠償額を判断する基準が、『通常』受け取ることができる金額から『合理的に』受け取ることができる金額に変更されます。

○立証責任の転換制度の導入
 侵害訴訟において、特許権者又は専用実施権者(原告)が侵害行為の具体的な行為様態を提示すれば、これを否認する当事者(被告)は自身の具体的な行為様態を提示しなければならなくなります。つまり、立証責任が原告から被告に転換されます。


*本稿は現地事務所から提供された情報に基づき作成しています。

(記事担当:特許第1部 飯島)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ