TOPページ知財情報【特許・意匠ニュース】 韓国、優先審査の対象となる技術分野が拡大

【特許・意匠ニュース】
韓国、優先審査の対象となる技術分野が拡大

2019/07/19 特許/実案 韓国

 特許庁は、第4次産業革命関連の優先審査の対象を、既存の7大技術分野に加えて新規に9大技術分野を追加し、16大技術分野に拡大しました。

既存の7大技術分野(2018年4月24日より):

人工知能、IoT(Internet of Things)、3D印刷、自動運転車、ビッグデータ、知能型ロボット、及びクラウドコンピューティング
(参考:https://www.ngb.co.jp/ip_articles/detail/1576.html


新規の9大技術分野(2019年6月10日追加)

スマートシティ、仮想・拡張現実、革新新薬、新/再生可能エネルギー、カスタマイズヘルスケア、ドローン、次世代通信、インテリジェント半導体、先端素材

(参考)KIPOプレスリリース

(記事担当:特許第2部 三俣)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ