TOPページ知財情報【商標NEWS】  マレーシア新商標法施行(2019年12月27日)

【商標NEWS】
 マレーシア新商標法施行(2019年12月27日)

2019/12/26 商標 アジア

1976年商標法を全面的に刷新する2019年商標法が、2019年12月27日に施行となります。マドプロ加盟及び、それに合わせた実務上の変更が焦点となりますが、主要改正ポイントは以下の通りです。

・マドリッドプロトコル加盟により、国際商標出願にて指定することが可能となります。
・一出願多区分指定(マルチクラス出願)が可能となります。
・出願・登録の分割・統合が可能となります。
・非伝統商標(3D、形状、色、音響、匂い、位置商標等)の保護が認められます。
・出願の方式具備(ローマ字・英語以外の商標では、読み・意味の記載必須)確認後に、出願日が確定します。
・登録証の発行は有料・任意となり、それに代わる簡易な登録通知が発行されます。
・認可通知(Notice of Acceptance) への応答が廃止され、認可~登録までが迅速化します。
・登録後の除斥期間が、7年から5年に短縮されます。
・団体商標制度が新設されます。

出願・登録の統合や、登録証発行の有料化等、他国が踏み込まなかった領域が含まれ、「攻めた」改正と言えますが、実際、どのように運用されるのでしょうか。弊社では、出願人にとって何がベストであるのか?を常に考え、動向を注視して参ります。

(商標部 関口)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ