TOPページ知財情報【特許・意匠ニュース】  欧州特許庁、新型コロナウイルスの影響により庁期限を4月17日まで延長

【特許・意匠ニュース】
 欧州特許庁、新型コロナウイルスの影響により庁期限を4月17日まで延長

2020/03/19 特許/実案 欧州

2020年3月15日、欧州特許庁(EPO)は、すべての出願人および出願代理人を対象に、庁期限延長の通知を公表しました。本通知の日以後(すなわち2020年3月15日以後)の庁期限が2020年4月17日まで延長されます。
Notice from the European Patent Office dated 15 March 2020 concerning the disruptions due to the COVID-19 outbreak
https://www.epo.org/law-practice/legal-texts/official-journal/information-epo/archive/20200315.html

今回の通知は、新型コロナウイルスの影響でEPO所在地であるドイツ国内における人の移動や各種サービスが規制されていることを受け、EPC規則134(2)に基づく庁期限の延長について、EPO官報での正式な公表に先立って公表されています。

EPO官報での公表内容が今回の通知内容と異なる可能性、また、追加の通知により庁期限が更に延長される可能性もございます。

なお、新型コロナウイルスに関連するEPOの最新情報は、こちらでご覧になれます:
Coronavirus (COVID-19) - continually updated information
https://www.epo.org/news-issues/covid-19.html


*本記事は、2020年3月18日時点の情報に基づいて掲載しております。

(記事担当:特許第1部 高橋)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ