TOPページ知財情報【商標NEWS】  ルーマニア、クラスヘッド指定を文言解釈へ  ※出願済・登録済商標についても、全類指定とはみなされなくなります。

【商標NEWS】
 ルーマニア、クラスヘッド指定を文言解釈へ
 ※出願済・登録済商標についても、全類指定とはみなされなくなります。

2020/07/29 商標 欧州

2020年7月13日の改正商標法施行を受け、クラスヘッドを含む商品・役務記述にて出願・登録された商標の保護範囲が変更になります。欧州連合加盟国として、EUTM(欧州連合商標)とのハーモナイズを主眼に置いた改正です。

旧法では、商品・役務のクラスヘッド(国際商品分類における類見出し)指定が、当該クラスの全商品・役務をカバーする、所謂、全類指定と理解されておりましたが、新法では、クラスヘッドといえども、その文言通りの商品・役務のみが保護されることになります。これは、新法施行前に出願・登録された商標にも適用され、これまでは、クラスヘッドで登録されていたからと安心していた商標にも、注意が必要です。

経過措置として、クラスヘッド商品・役務記述を含む登録・出願に対し、保護を望む個別商品・役務を列挙した宣誓書を2020年9月30日までに提出することができます。期日までに、宣誓書を提出しない場合、クラスヘッド記述が、包括的ではなく、文言上の意味の権利範囲と見做されることになります。案件ごとに、商品・役務記述がクラスヘッドを含むものであるかを確認し、宣誓書提出の対象となる登録であるか、文言以上の商品・役務保護が必要であるかの判断が必要となります。

今後、他のEU加盟国におきましても、同様の動きが予想されます。権利者側は、随時対応を迫られることになりますが、弊社では、その都度、最新情報をご案内させて頂く予定です。

(情報提供:ROMINVENT S.A.)
(商標部 関口)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ