TOPページ知財情報【中国出張レポート】  特許情報年会 (PIAC) 2012 出展 & プレゼンテーション

【中国出張レポート】
 特許情報年会 (PIAC) 2012 出展 & プレゼンテーション

2012/10/19 中国 メディア イベント

2012年9月11-12日の2日間、北京で開催された第3回PIAC(Patent Information Annual Conference of China/中国専利信息年会2012)。NGB IP総研では、昨年に引続き今年も、ブース出展と企業紹介プレゼンテーションを行いましたので、ここにご報告させて頂きます。

 今年のテーマは「特許情報による産業のモデルチェンジとアップグレードの加速」です。会場全体の展示スペースは昨年より若干コンパクトになっているものの、出展ブースの数は48と増加。出展者の顔ぶれは、中国国内の企業、団体の他、日、韓、欧米のデータベースベンダー、知財ソフトウェア開発企業、調査会社、翻訳会社、特許事務所など、昨年と大きな相違はありませんでした。



 NGB IP総研のブースは、PIAC主催者の一つである中国知識産権出版社のとなりでメインの講演会場も近く、来場者の人の流れが非常に多い好立地。日本からお越しのクライアントの皆さまの他、NGBのことを全く知らない中国人の方も「日本」という看板の文字に反応してか、多くの皆さまに立ち寄って頂きました。
 2日目の企業紹介プレゼンテーションでは、呉研究員の中国語によるNGBの紹介に続き、小職(井上)が英語で中国知財リスク管理の現状と中国特許侵害防止調査サービスについて紹介しました。昨年のプレゼンテーションでは、主に外国のお客様向けに、日本特許公報での無効資料調査の有用性について発表いたしましたが、今年は日本企業の最近の中国特許調査についての取り組みを紹介させていただきました。今回は我々の順番がGoogleの特許情報と機械翻訳サービスのプレゼンテーションや主催者側の中国知識産権出版社のプレゼンテーションなど注目度の高い発表の後だったので、やや恐縮してしまいしました。



 事務局によれば、今年のPIACは知識会期中、およそ1200人の来場者があったとのことですが、実際はもっと多かったような気がします。北京のみならず、青島、重慶、広州、深センなど中国全土から企業の方々が来場し、また地方の専利局からの視察などもありました。
 また、今回の出展ブースには、NGBの視察ツアーをはじめ、日本からご参加の皆様や北京駐在の方など、日本企業のクライアントの皆様にも多くお立ち寄りいただきました。この場を借りて厚く御礼を申上げます。

(IP総研主任研究員 井上)

※PIAC以外のツアー訪問先については、近々改めてご報告させて頂きます。請うご期待。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。(無料)
Adobe Readerのダウンロードページ